ユーカリ

今日は、ユーカリの精油について。
一言でユーカリと言っても
種類がたくさんあります
○ユーカリ・グロブルス
○ユーカリ・ラディアータ
○ユーカリ・シトリオドラ
○ユーカリ・シュタイゲリア・・・など
共通の効果として
1.8シネオールという成分が多く含まれているので
殺菌、抗ウィルス作用とあるの感染症予防に有用性があります。
呼吸器系に良い精油です。
インフルエンザの予防になるということで
冬場にディフューザーで炊いたりと人気の精油ではないでしょうか。

たくさん種類がありますが、「ユーカリ」とだけ言われたら
一番最初に書いた
「ユーカリ・グロブルス」のことになります。
1.8シネオールがユーカリの中でも一番多く含まれているので
去痰作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、免疫調整作用に優れています。
次に挙げた「ユーカリ・ラディアータ」ですが
1.8シネオールがグロブルスよりも少し少な目。
ですが、グロブルスに入っている神経毒性があるケトン類が入っていないこともあり
より穏やかにより安全に子供やお年寄りにも使用できると言われています。

あと一つ・・「ユーカリ・シトリオドラ」の説明をしとこうかな。
これは「レモンユーカリ」とも言われている精油です。
強いレモン様の香りがするのが特徴です。
成分が他のと違い1.8シネオールはごくわずか。
シトロネラールという成分が大半を占めています。
この成分は高い鎮痛効果があるので
筋肉痛や、肩こりの時のボディーマッサージに良いでしょう。

MemoryCatcher / Pixabay

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする